エアクロキーワード:カシュクール

カシュクール


カシュクールとはフランス語で、胸元が着物のように打ち合わせになったトップスのことを指します。元はボレロほどの短い丈の打ち合わせのある女性用のトップスを指していましたが、現在はシャツブラウスやワンピース、ハーフトップなど様々な衣類にデザインとして使われています。
ラップ型の衣料として、緩めのリラックスウェア、ないし重ね着用として仕立てられることが多いですが、デザインによっては紐の調節でタイトにもできます。また、サイズ調整や胸元を開けることが簡単なため、マタニティウェアや授乳用の衣類としても多く活用されています。