着ない洋服ってどうしたらいい?断捨離の始め方とは

少ない服の数で質の高いオシャレを保ちつつ、颯爽とシンプルライフを楽しんでいる女性に憧れますよね。

一方で、「いつの間にか溜まってしまった服を処分したいけれど、どこから手を付けたらよいのか分からない」という方が多いのも事実。

洋服は、自分で処分しない限り永遠に手元に残ります。たくさん服があるからオシャレというわけではありません。不要な服を断捨離してすっきり美しい自分に生まれ変わりましょう。

プロのスタイリストが似合う洋服をセレクト
↓↓ファッションのお悩み解消におすすめ↓↓

プロが選ぶ:2021年5月追加バナー

服を処分できない理由

クローゼットやタンスを開けてみるとぎゅうぎゅうに押し込められた服。見る度に「なんとかしなくては」と思ってはいても、いざ手に取ると「いつか着るかもしれない」と捨ててしまうのをためらってしまいますよね。

服に思い出はつきもの。この服はあのときのデートで着た、なんて考えてしまうと、捨てるハードルが高まってしまうでしょう。

服が溢れることがストレスになる⁈

捨ててしまうことでストレスを感じるのではないかと思いがちですが、本当はその逆。服が溢れかえっている方がストレスを感じてしまうことがあるのです。

自分で管理できる範囲の服を効率よく着ていくことで、「膨大な数の洋服を持っているのに、今日も着るものがない」といったストレスもなくなります。

まずは、手持ちの服をすべて洗い出し、どれが自分にとって必要かを判断していきましょう。

断捨離上手な人の考え方

断捨離が上手な人には、共通したシンプルな考え方があります。

それは、「あらかじめ自分が必要な服の枚数を決めておき、新しい洋服を買ったら古いものを1枚捨てる」という方法。この考え方をベースにすると、洋服の数を増やさずにトレンド感あるおしゃれを楽しんだり、定期的に洋服の循環をしたりできるのです。

クローゼットには決めた枚数だけ

「クローゼットには、自分で厳選した洋服を決められた枚数だけ入れる」のが基本的なルール。

ストックをせずに服の数を絞れるので、自分のコーディネートに真剣に取り組むことが可能です。そうすることで、必然的におしゃれになっていくでしょう。

また、空間の生まれたクローゼットによって精神的な余裕がもたらされ、何が自分にとって必要であるかがハッキリと見えてきます。

断捨離の方法

続いて、断捨離の方法を具体的にお伝えしていきます。

まずは、持っている服の分別から始めましょう。現在のライフスタイルに沿った服かどうかを分別していくとわかりやすいです。

では、どのような基準で分別をしていくとスムーズに進むか、具体的にご紹介します。

1年以上袖を通していない服

最初に処分すべきは、1年以上袖を通していない服です。「いつか着るかも……」という心配は不要。今着ていない服を将来着ることはなかなかありません。

サイズの合っていない服

次に、サイズの合っていない服も処分しましょう。

いくらデザインがよくても、サイズが合っていないとあなた自身の魅力を引き出せません。残念ですが、別の人の手元へ渡るように処分すべきです。

トレンドや自分の年代にそぐわない服

トレンドアイテムはおしゃれで目を引きますが、すぐに鮮度が落ちてしまうもの。次の年にはもう誰も着ていない……なんてこともよくあります。

古いデザインのものや自分の年代にそぐわない服も処分の対象です。

シミや虫食いなどコンディションの良くない服

シミや虫食いのある洋服を着ている女性は美しくないですよね。コンディションが悪い洋服は、無理やり着続けるのではなく、きっぱりと処分しましょう。

洋服はかたちあるものなので、いつかは壊れてしまうもの。コンディションの悪化は仕方のないことです。

似たテイストの服

人はどうしても好みがあるので、似たような服を選びがちになってしまうのです。

気がつくとクローゼットの中が、似たような色・デザインの洋服で溢れてしまっていたという方は多いのではないでしょうか。

似たようなテイストの服は数着残して処分することをおすすめします。

もしどうしても迷う場合は...…

基準を明確に決めても、捨てたらよいか迷ってしまう服は出てきてしまうものです。迷ってしまう服は一旦保留にして棚上げしておきましょう。

まずは、少しでも多く洋服を処分すること。処分を進めていくと自分の中で判断基準が明確になってくるので、保留の洋服は最後に改めて考え直すのがおすすめです。

残す服の決め方

続いて、残す服の決め方を見ていきましょう。

ある程度処分する服が決まったら、考えたいのが残す服について。今後少ない枚数でコーディネートすることを考えると、統一感のあるワードローブにしたいですよね。

 

残す洋服の選び方の詳細は、こちらの記事をチェック!

【目指せミニマリスト!】少ない服の着回しテクニックと洋服選びのポイント

1週間分の着回しが目安

目安として覚えておきたいのは、1週間着回せるかどうか。同じような服は避け、着回しができて自分が好んで着ていられる服を選びましょう。

また、現在のライフスタイルに合わせた服を選別することも大切です。

スカート派なのかパンツ派なのか、かっちりしたジャケットをよく着るのかカジュアルな服が多いのかで、コーディネートや必要なアイテムは変わります。

現在の自分の生活をしっかり見直し、今、自分が生活していくうえで気持ちよく過ごせる服を残しましょう。

綺麗なものならリサイクル

断捨離で処分することになった服の中には、まだきれいな状態で着られるものや、高価だったものもあるでしょう。そんなときは、リサイクルショップやフリマアプリ、買取サービスなどを利用するのがおすすめです。

それぞれのサービスや店舗によって手数料や買取価格が異なるので、自分に合った方法を探してみてはいかがでしょう。

リサイクルをすれば、クローゼット内をスッキリさせられてお小遣い稼ぎもできるので、お得な気分を味わえること間違いなしです。

また、思い入れのあるものや受け継いでほしいものはこれから着てもらえる方に渡したり、手芸に自信のある方はリメイクをして新しい使い道を考えたりするとよいでしょう。

それでも行き場のない服は、行政の定めた方法で粗大ゴミや資源ゴミとして回収してもらいましょう。

まとめ

女性にとって「洋服を買う」という行為は、楽しくストレスを発散できる至福の時間です。大好きな洋服を着ていれば気分もハッピーな気持ちになりますよね。

ですが、洋服には流行り廃りもありますし、自分自身の見た目やライフスタイルも変わっていきます。昔と今とを比べてみて、体型や考え方が変わっていくのは当然のことです。

そのため、定期的に断捨離をして、ワードローブを整理する必要があるのです。

また、たくさん洋服をストックしていても、着なくては意味がありません。無駄に数の多い洋服は、逆に何がどこにあるのかがわからなくなるので、上手に活用できない状況を作り出してしまうのです。

これを機に、思い切って不要な洋服を処分し、自分の本当に必要な服だけを持つように心掛けましょう。

服の断捨離は心の断捨離にもつながる

洋服の処分は、心の断捨離につながるとよく言われています。部屋を掃除することで、気持ちまでスッキリした経験はありませんか?洋服の断捨離も同じことです。

ほどよくスペースが空いたシンプルで無駄のないクローゼットは、自分自身の考え方もシンプルに余裕あるものに変えてくれるはずです。

着心地がよく、自分が着ていて気分が上がる洋服だけを近くに残して、大人の女性の無駄を省いたゆとりあるライフスタイルを保っていきましょう。