着ない洋服ってどうしたらいい?断捨離の始め方とは

少ない服で質の高いオシャレを保ちつつ颯爽とシンプルライフを楽しんでいる女性、憧れますよね。一方、いつの間にか溜まった服を処分したいけれど、どこから手を付けたらよいのか分からない、そういう方が多いのも事実。洋服は、自分で処分しない限り永遠に手元に残ります。たくさん服があるからオシャレというわけではありません、不要な服を処分してすっきり美しい自分に生まれ変わりましょう。

専属スタイリストがあなたのためにパーソナルスタイルスタイリング

服を処分できない理由

クローゼットやタンスを開けてみるとぎゅうぎゅうに押し込められた服。いつもなんとかしなくては、と思ってはいてもいざ手に取ると、いつか着るかもしれないと捨ててしまうのをためらうことありませんか?
服には思い出もつきもの、この服はいついつのデートで着た、この服は…と考えていくとなかなか捨てるのには惜しいですよね。

 

服が溢れることがストレスになる⁈

 

捨ててしまうことでストレスを感じるのではないか、と思ってしまうのも分かりますが本当はその逆、服が溢れていることにストレスを感じてしまう場合があります。
自分で管理できるだけの服を効率よく着ていくことで、膨大な洋服を持っているのに、今日着るものがない、と言ったストレスもなくなります。まずは、手持ちの服を全部取り出し、どれが自分にとって必要か判断していきましょう。

断捨離上手な人の考え方

 

断捨離上手な人の服に対する考え方はとてもシンプル。あらかじめ自分の最低限の服の枚数を決めておき、新しい服を買ったら一枚古い服を捨てる、という方法をとる方が多いです。この方法だと洋服は、時々新しいものに循環することもできますし、増えることもしないので流行に合ったオシャレも楽しむことができます。

クローゼットには決めた枚数だけ

 

クローゼットには自分で厳選された洋服を決められた枚数だけ入れる、というだけのルールですが、ストックをしないで服の数を絞ることで、自分のコーディネートにも真剣に取り組むことができるので必然的にオシャレになっていくというわけです。
また、空間の生まれたクローゼットは精神的な余裕も生まれ、何が自分にとって必要であるかをはっきりと教えてくれます。

断捨離の方法

服の断捨離は、持っている服の分別から始めます。まず、現在のライフスタイルに合った服を分別しましょう。一年以上袖を通していない服、サイズの合っていない服、トレンドや自分の年代にそぐわない服は必要ありません。いつか着るかも、なんて心配も不要。今着ていない服を将来着ることはなかなかないです。また、シミや虫食いなどコンディションの良くない服も処分します。それでも、まだ大量に服は残るでしょう。

似たテイストの服の処分

 

次に、似たテイストの服の処分です。どうしても人は似たような好みの服を選んでしまうもの。気が付くと、似たような色、似たようなデザインの服が山ほどあった、なんてこともよくあります。似たテイストの服は特にお気に入りだけを残しておきましょう。

もしどうしても迷う場合は...

 

それでも、捨てたらよいか迷ってしまう服はでてしまうものです。そんな服は一旦保留にして棚上げしておきましょう。まずは、少しでも洋服を処分すること。処分していくと自分の中で判断基準が明確になってきますから、保留の洋服はまた改めて考え直しましょう。

残す服の決め方

 

ある程度処分する服が決まったら、考えたいのが残す服のこと。これから少ない枚数でコーディネートすることを考えると統一感のあるワードローブにしたいですよね。
自分に合った系統の服、色、それに合わせやすい差し色などを考えて手元に残しておきましょう。

一週間分の着回しが目安

 

同じような服は避け、着回しができて自分が好んで着ていられる服を選んでください。目安としては、大体一週間分過ごせる服を残しておくと考えるとよいと思います。また、現在のライフスタイルに合わせた服を選別することも大切です。
自分は普段スカート派かパンツ派か、スーツなどを良く着るかカジュアルな服を着ているかでコーディネートは変わってきます。現在の自分の生活をしっかり見直し、今、自分が生活していくうえで気持ちよく過ごせる服を残しましょう。

綺麗なものならリサイクル

断捨離で処分することになった服の中には、まだきれいな状態で着られるもの、高価だったものもあるでしょう。そんな時は、リサイクルショップやフリマアプリ、買取サービスなどを利用するのがおススメです。
それぞれ、手数料や買取価格が異なりますので自分に合ったサービスを探してみてはいかがでしょうか。クローゼットもすっきりできてお小遣い稼ぎもできるので、お得な気分を味わえること間違いなしです。
また、思い入れのあるものや受け継いでほしいものはこれから着てもらえる方に差し上げたり、手芸に自信のある方はリメイクをして新しい使い道を考えるのもよいでしょう。それでも、行き場のない服は行政の定めた方法で粗大ゴミや資源ゴミとして回収してもらいましょう。

まとめ

 

女性にとって、洋服を買うという行為は楽しくストレスの発散できる至福の時間です。大好きな洋服を着ていれば気分もハッピーになるもの。でも洋服には流行もありますし、自分自身も変わっていきます。昔と今では体型も考え方も変わっていくのは当然のことです。
たくさん洋服をストックしていても、着なくては意味はありません。思い切って不要な洋服は処分して自分の本当に必要な服だけを持つように心掛けましょう。

服の断捨離は心の断捨離にもつながる

洋服の処分は、心の断捨離にもつながるとよく言われています。程よくスペースが空いたシンプルで無駄のないクローゼットは自分自身の考え方もシンプルに余裕あるものに変えてくれるはずです。
着心地がよく、自分のお気に入りの洋服だけを自分の近くに残して、大人の女性として無駄を省いたゆとりあるライフスタイルを保っていきましょう。