胸が大きくてコーディネートに悩んでいる人のためのファッションポイント

大きい胸」に憧れている女性は少なくはないはず。しかし、実際に胸の大きい女性からしたら「着る服に困る」「太って見える」「視線が気になる」「目のやり場に困られる」など、悩みが絶えないのもまた事実。胸の大きさをコンプレックスに感じ、隠すために猫背になってしまう女性もいるでしょう。

そこで今回は、胸を強調しすぎず、スッキリとしたスタイリングになるアイテムやコーディネートをご紹介していきます。少しでもお悩み改善に向かうよう、参考にしてみてくださいね。

 
↓↓ファッションのお悩み解消におすすめ↓↓
プロのスタイリストが似合う洋服をセレクト
(記事下部に5,000円OFFの特別クーポンあり)

胸が大きい人のNGコーデ

胸が大きいことを気にしている女性は、選ぶアイテムに気をつけましょう。まずは避けるべきNGアイテムをご紹介します。

NGアイテム①襟元が開きすぎたもの

出典:#CBK
出典:#CBK

まずは、襟元が開きすぎたアイテムです。谷間が見えるようなトップスは大きな胸を強調してしまうことにつながるので避けた方がベター。

NGアイテム②タイトすぎるシルエットのもの

出典:#CBK
出典:#CBK

胸の大きさをコンプレックスに感じている場合は、リブニットなどのタイトすぎるシルエットのアイテムも避けた方がいいでしょう。

タイトシルエットのトップスは、体のラインをはっきりと目立たせてしまうので、胸元に余計に視線を集めてしまうことにつながります。

NGアイテム③首元が詰まったもの

出典:#CBK

先ほど、胸元が開きすぎたトップスはNGだと伝えましたが、逆に首が詰まりすぎているものも着ない方がコンプレックスをカバーできます。

出典:#CBK

首元が詰まっていると胸のラインがよく見えるので、太って見えてしまいます。布の面積が多いと体格がよく見えてしまうので注意が必要です!

大きい胸を強調しすぎない着こなし術

続いては、胸を強調しすぎない着こなしのポイントを押さえましょう。

1. ハリ感素材や、とろみ素材のアイテムを選ぶ

型崩れのしないようなパリッとハリ感のある素材のものは、ボディラインを強調しないアイテムです。トップス、ボトムス、ワンピースと様々なアイテムで採用されている素材なので、取り入れやすいでしょう。胸元が気になる人は、ボディラインをあまり拾わないトップスをチョイスしましょう!

2. Vネックなどの首回りのスッキリとしたものを選ぶ

首回りやデコルテのあたりがスッキリしているトップスは、視線を鎖骨に集めてくれるため胸への強調を緩和してくれます。ただし、深すぎるVネックは、谷間が見えてしまいより胸を強調してしまうので要注意です。

3. ウエストを絞って着やせ効果を狙う

胸元が気になるからとゆったりサイズのワンピースを選ぶのはNG。胸を隠そうと全体的にゆったりとした服を着てしまうと全体的に太った印象になってしまいます。あえてウエストマークをした方がスタイルよく見えるのです。

ウエストを強調することで着やせ効果が狙えるので、タイトすぎず、かつメリハリのある服をチョイスしましょう。

4. 全体的に縦のラインを意識する

縦のラインを強調するようなコーディネートを意識すると胸の強調を防ぐことができます。ロングカーディガンやストールなど長めの羽織りものを使うと、簡単に縦ラインを作れますよ。また、長めのAラインのスカートやフレアパンツなどの脚長効果のあるボトムスも縦ラインを作るには最適です。

胸を強調させないコーディネート10選

では最後に、実際にどのようなコーディネートをするべきかをご紹介していきます。

とろみ素材のシャツで視線を反らす

出典:#CBK

体のラインが出にくいとろみ素材のシャツや、襟のしっかりとあるデザインのシャツは、胸から襟へ視線を反らしてくれるため、胸が大きくても強調されません。また、髪型をアップにして視線をそちらに上げるといったちょっとした工夫をするのもおすすめです。

出典:#CBK

シャツコーデは、タイトなスカートと合わせてあえて下半身のボディラインを強調させるのもあり。シャツはぴったりと入れてしまうと胸が強調されてしまうので、インするときにはふわっとゆとりを持たせて胸のラインをわかりにくくすることがポイントです。

Vネックはデザイン性があるものをチョイス

出典:#CBK

Vネックのトップスを選ぶときには、デザイン性のあるものを選ぶとよりよいです。素材がレースのものであれば、デコルテに視線を集めるだけでなくレースにも視線を集められるので、より胸への強調を和らげてくれます。黒いレースは大人っぽさと女性らしさの両方を兼ね備えられるので、大人レディなスタイルが好きな方にぴったりです。

出典:#CBK

首の詰まったトップスを着ると、大きな胸が強調されてしまう原因に。そこでおすすめなのが浅めのVネックです。谷間が隠れる浅めのVネックは、胸元をシャープに見せて胸のラインを調和してくれます。ウエストをキュッと絞れるAラインのスカートと合わせると着やせ効果も期待。

ウエストを強調して着やせ効果を狙う

出典:#CBK

襟に視線を向けさせられるシャツをキャミソールの上から羽織ると程よく胸を隠してくれるので、「ちょっと胸元が気になるかも」という方におすすめです。ウエストラインにベルトをすることでXラインが強調されて、メリハリのあるボディラインに。ベージュコーディネートに合わせた黒いベルトが、コーデの引き締めとスタイルアップの両方を叶えてくれます。

出典:#CBK

太めのベルトは、しっかりとウエストを強調し周囲の視線をベルトに集められるため、胸の大きさを気にしている人にひとつ持っておいてほしいアイテムです。さらに、ゆとりを持ってトップスをインすれば、上半身のラインを強調しないスタイリングの完成です。

ロングカーディガンで縦のラインを出す

出典:#CBK

ロングカーディガンは、1枚羽織るだけで縦のラインを瞬く間に出してくれるので、何を着ても胸が強調されてしまうという方には持ってこいのアイテムです。前を閉めてしまうとせっかくの縦ラインが殺されてしまうので、前は開けて羽織ることをおすすめします。

出典:#CBK

ロングのシャツワンピースは、ボタンの位置が縦ラインであることから胸を強調したくない人にぴったりのアイテムです。さらにロングカーディガンを羽織ればより縦ラインが強調され、胸から視線をそらすだけでなく着痩せ効果も期待できます。また、シャツワンピは襟元を少し開けてVラインを作ることでダブルで胸を強調させずに済みますよ。

ざっくりと編まれたニットで苦手を克服

出典:#CBK

本来胸が大きい女性は、タートルネックやニットは胸が強調されてしまうため苦手とする分野です。しかし、編み目がざっくりとしていて、首元にボリュームのあるものを選べば胸のラインがわかりづらくなります。このとき、ボトムスもゆったりとしたものにしてしまうと全体的に大きく見えてしまうので、ボトムスはタイトなものを選ぶことをおすすめします。

出典:#CBK

編み目の大きいニットでボタンが大きいものなら、そちらに視線を集めてくれるので、胸の強調を防げます。Vネックになっているカーディガンであれば、ボタンを閉めたときでもデコルテをキレイに見せて胸を強調させないだけでなく、すっきりとしたシルエットが作れるのも嬉しいポイントです。

胸が大きくても素材やシルエットでスッキリ見せられる!

「今まで胸を隠すことに気を取られて、おしゃれを楽しめなかった…」なんて人もいるのではないでしょうか。洋服の素材やアイテム選びを工夫するだけで、胸を強調せずスッキリ見せられます。今回のポイントを参考にして、ぜひ胸が気にならない方法を研究してみてくださいね。

たったの3分で、あなたのファッションタイプを診断しませんか?

毎日、服を選ぶときにこんなお悩みもありますよね。
「どんな服を着たらいいかがわからない」
「おしゃれに着こなしたいけど、あまり自信がない」
そんな悩みを持っている人にイチオシしたいのが、ファッションサブスク『エアークローゼット』の無料でできる“ファッションタイプ診断”。

3分できる!無料のファッションタイプ診断とは?

50問に回答するだけで、20通りの結果の中から、あなたの好みを分析。
あなたのファッションタイプの解説と、プロのスタイリストが選んだおすすめのコーデが分かります。

 

入力が完了すると、上の画像のようなファッションタイプが表示されます。
回答から導いたテイストとカラーを基に、チャートつきの解説と、おすすめのアイテムやシルエットなどを提案してくれます。

ファッションタイプ診断を元に、プロが選んだコーデが毎月届く!

ファッションサブスク『エアークローゼット』は、あなたのファッションタイプ診断に基づいて、プロのスタイリストが選んだコーデを毎月自宅にお届けします。

 

今ならエアークローゼットが、5,000円OFFの1,980円(税込)で始められます!
【特別クーポンコード:ACS219】
 
↓↓興味のある方は、まずは無料のファッションタイプ診断から↓↓

診断を開始