【結婚式前にチェック!】結婚式の服装マナーとNGチェックリスト

大人になると知人や友人の結婚式に招かれることも増えてきます。しかし、いざ式に出席しようと思っても、どんな服を着ていけば良いか迷ってしまうことはありませんか? 大切な人たちの門出だからこそ、マナーをしっかり守った服装で失礼なく祝ってあげたいものです。
この記事では、結婚式での服装のマナーから実際にどのようなアイテムを選べば良いかを解説していきます。

定常バナー:月額9800円からプロが選んだ洋服を借り放題

これだけは避ける!選んではいけないドレス

 

結婚式に出席する場合、絶対にNGだとされているポイントがいくつかあります。どんなドレスかを選ぶ前に、一先ずNGポイントをチェックしていきましょう。
結婚式の主役は花嫁です。したがって、ウェディングドレスを連想させるような白のドレスは着ないようにしましょう。また薄い黄色やベージュも、写真写りによっては白に見えることがあるため、避けた方が無難です。

露出が高い服装もNG


露出が高い服装も結婚式の場には相応しくないので注意が必要です。肩や太ももが丸見えなドレスや、体のラインを強調するようなドレスは避けるようにしましょう。
また、毛皮でできているものや動物柄は殺生をイメージさせるので、お祝いの席である結婚式では不吉とされています。ドレスはもちろんのこと、バッグやボレロなどの小物類にも気をつけましょう。

結婚式にふさわしいドレスとは

 

では、結婚式にふさわしいドレスとはどのようなものでしょうか?
女性の正装としては、アフタヌーンドレス・イブニングドレス・セミアフタヌーンドレス・カクテルドレスなどが挙げられます。
アフタヌーンドレスとは昼用の正礼装で、夜用の正礼装がイブニングドレスです。また、セミアフタヌーンドレスは昼用の準礼装であり、夜用の準礼装がカクテルドレスやディナードレスとされています。

ゲストならば準礼装または略礼装のドレス

出典:#CBK

その他にも略礼装というものがあります。略礼装はインフォーマルや平服とも言われ、よく結婚式で見かけるような上品なワンピースにボレロなどはこの略礼装にあたります。招待状に「平服でお越しください」と記載があれば、この装いで構いません。
正礼装とは一番格式の高い礼装になるので、結婚式の場においては新郎新婦や両親、または主賓が着るものとされています。したがって、それらに該当しないゲストは準礼装または略礼装のドレスが相応しいでしょう。

ドレスは何を意識して選べばいい?

 

自分がどのタイプのドレスを選べば良いかわかったところで、どのようなアイテムを選べば良いのでしょうか?
どのようなタイプのドレスを選んだとしても、気をつけたいところは「上品」かどうかです。露出具合、色合い、デザインなどが下品に見えないかどうかを意識しましょう。自分だけで選ぶのが不安ならば、目上の人などにアドバイスをもらうようにすると良いです。
レースやフリルをあしらった華やかなデザインも人気です。落ち着いた雰囲気を演出したい方ならば、デザインはシンプルで素材に高級感のあるドレスがおすすめです。

近年ではパンツスタイルも

出典:#CBK

また近年では、準礼装・略礼装であればパンツスタイルも人気が出てきています。オールインワンタイプやツーピースタイプなど、様々なパンツドレスが販売されています。ただ、パンツスタイルはカジュアル感が強くなるため、ドレッシーなデザインや高級感のある素材のものを選ぶようドレス以上に注意が必要です。

失敗のないドレスの色

 

結婚式に白い服は相応しくないと先述しましたが、どのような色の服を選べばいいのか見ていきましょう。
落ち着いた黒は年齢に関係なく着れるため人気があります。しかし、全て黒で統一してしまうと喪服を連想させてしまうため良くないとされています。黒い服を選ぶ際は、靴やボレロなどの小物に明るい色を選んで、華やかな印象になるようにしましょう。
同じ落ち着いた印象であれば、ネイビーもシックな雰囲気でまとまるので根強い人気があります。

 

華やかな色合いでも問題なし

出典:#CBK


ピンクなどの華やかな色合いでも問題はありません。目立ちすぎない程度に暖色系を取り入れるのも、大切な人の結婚式に花を添えられておすすめです。

オススメの小物の選び方

 

きれいめできちんと感のある小物を取り入れることで、よりドレッシーな装いを演出できます。
結婚式に出席する場合の王道アクセサリーと言えばパールのネックレスです。シンプルかつ上品な輝きのパールは、さまざまなドレスと愛称が良く重宝されています。アクセサリーは華やかさをプラスして特別感を演出してくれますが、あまりキラキラと光るものや派手すぎるものはフォーマルの場にそぐわないので注意が必要です。

羽織りものは用意するのがオススメ

出典:#CBK

また、ボレロなどの羽織ものやストールはなるべくボレロなどの羽織ものやストールはなるべく用意しておいた方が良いです。ドレスはどうしても薄着なため、季節によっては体が冷えてしまいます。夏は暑いからと油断しがちですが、披露宴会場の中は冷房が効きすぎて寒いことも考えられるため、忘れずに持っておくようにしましょう。

【最後に】結婚式に出席するときの注意点

 

結婚式に出席する場合は、他にも気をつけたい点がいくつかあります。
ドレスやワンピースなど、足を露出する服装では肌に近い色のストッキングを必ず着用しましょう。いくら暑いからといっても生足はマナー違反です。また黒のストッキングも喪服を連想させるため避けたほうが無難です。どうしても着用する場合は光沢感のあるものを選ぶようにしましょう。

腕時計は外した方が無難?


また、腕時計を着けていると、早く帰りたくて時間を気にしていると思われることがあるため、避けておいた方が無難です。男性ならばスーツで目立ちにくいですが、女性はドレス姿でいると目につきやすいため、より注意が必要です。もしつけていきたい場合は、カジュアルすぎるものは避けて、小ぶりで上品、エレガントなものを選ぶようにしましょう。
もう一つ気を付けておきたい点はパンプスです。妊婦さんなどの事情がある人以外がヒールなしのものや、つま先、かかとが出ているようなものも結婚式の場には相応しくないので気をつけてください。


とはいえ、似合う結婚式コーデを選ぶのも大変ですよね。

そんな方におすすめなのは、

無料でできるパーソナルスタイリング診断!

骨格・パーソナルカラーを組み合わせた新ファッション診断で、似合う服がわかります。

パーソナルスタイリング診断とは?

いくつかの質問に回答するだけであなたの骨格・パーソナルカラーを把握して、100通りの結果の中からあなたに似合う服を提案してくれます !

 

1分間で診断できるので、ぜひお試しください!