低身長さんでもワイドパンツを楽しめる!選び方のコツをご紹介

ここ数年人気のあるワイドパンツ低身長さんは「私も着こなしたいけれど、バランスが難しそう……」と諦めてしまってはいないでしょうか。しかし、低身長さんでもポイントを押さえればワイドパンツをおしゃれに着こなすことができるんです。

本記事では、低身長さんがワイドパンツを選ぶときに押さえておきたいコツを6つご紹介します

小さいサイズ用バナー

選び方のコツ①ウエストマークのあるワイドパンツ

1つ目のコツは、ウエストマークのあるデザインのものを選ぶこと

ベルトやコルセットのようなウエストにデザインがあるもの、ウエスト部分にタックが入っているものなど、ウエストマークすることで自然と腰の位置を高く見せ、脚長効果をゲット。ウエストマークは、低身長さんの強い味方なんです

出典:#CBK

ウエスト部分のリボンをキュッと結べば、くびれているように見せてくれる効果も。

ワイドパンツは下半身を太く見せそうだからと避けていた人もいるかもしれませんが、実はメリハリのあるスタイルアップコーデを作ってくれる優れものです

出典:#CBK

こちらはベルト付きのワイドパンツ。上品で腰の位置を高く見せられる大人コーデの完成です

選び方のコツ②足首が見えるワイドパンツ

丈の合わない長すぎるワイドパンツは、余計に身長を低く見せてしまいがち。すっきりと見せるためには、足首が見えるワイドパンツを選ぶのがコツです

出典:#CBK

足首を見せることで、嬉しい細見え効果もゲット。足元にはヒールを合わせることで、よりすっきりと見せられます

出典:#CBK

足首を見せてパンプスを合わせれば、大人のきれいめコーデの完成。

選び方のコツ③とろみ素材のワイドパンツ

3つ目のコツは、ストンと落ちるとろみ素材のものを選ぶこと

ハリのある素材はワイドなシルエットが目立ち、着られている感が出てしまいます。とろみ素材のものであれば、ワイドなシルエットの存在感を軽減してくれるので低身長さんにおすすめ。

出典:#CBK

下にストンと落ちて見えるとろみ素材のワイドパンツ。縦長シルエットを強調して低身長さんのお悩みをカバー。

出典:#CBK

とろみ素材のワイドパンツは、身長の低さをカバーしつつ、下半身の着やせ効果も期待できます

選び方のコツ④柄物を選ぶときは小柄のものをチョイス

4つ目のコツは、柄物を選ぶのであれば小さめの柄を選ぶこと

大きめの柄は、下半身に視線を集めてしまうので、低身長さんのお悩みを強調して見せる原因に……。ドット柄や小花柄、チェック柄を選ぶのであればチェックの細かいグレンチェックがおすすめです。

出典:#CBK

細かなドットとこっくりとしたブラウンカラーのワイドパンツ。小さい柄が主張しすぎず、下半身を長くすっきりと見せてくれます

出典:#CBK

チェック柄は、大柄なブロックチェックを避けて、細かなグレンチェックがおすすめ。直線的な柄なので縦長に見せてくれる効果も。

選び方のコツ⑤センタープレスのワイドパンツで縦のラインを作る

5つ目のコツは、センタープレス入りのワイドパンツを選ぶこと。縦のラインが強調されることで、脚長効果を得られ、背の低さをカバーしながら着こなせますよ。

出典:#CBK

下にストンと落ちるシルエットにセンタープレスの入ったものを選べば、すっきりとして見えます。足元にヒールで身長を割り増しするのなら、ピンヒールより太めのヒールがおすすめ

センタープレスが作り出すすっきりとしたラインは、やわらかい素材のワイドパンツでも効果を発揮。清潔感のあるきちんとデザインなので、オフィスコーデにもおすすめです。

選び方のコツ⑥重心を上に寄せて目線を上げる

6つ目のコツは、重心を上にすることで、目線を上にあげること。トップスに明るい色を持ってくることで、自然に目線が上にいき、低身長さんのお悩みをカバーするバランスのとれた着こなしになります。

また、ワイドパンツに対してトップスをミニマムにするとバランスが良くなりますよ

出典:#CBK

トップスに鮮やかなピンクニットをチョイス。鮮やかな色をトップスに持ってくることで、目線が上がり、すっきり見えの効果もアップします。

トップスはワイドパンツにインして上半身をコンパクトに見せれば、脚長効果を得られて気になる身長の悩みもカバー

まとめ

本記事では、低身長さんワイドパンツを選ぶときに押さえておきたいコツを6つご紹介しました。

低身長さんは、「もたついて見えそう」「より身長の低さが際立ちそう」という悩みから、ワイドパンツを避けていたという方も多いのではないでしょうか。しかし、デザインや色でひと工夫すれば、低身長さんでもワイドパンツをすっきりと着こなせるのです

ウエストマーク、丈感、素材感、柄、センタープレス、合わせるトップス、によって見え方は変わります。ぜひ、この記事を参考に、自分にあったワイドパンツの着こなし方を見つけて、挑戦してみてはいかがでしょうか。