あなたはたぬき顔?それともきつね顔?服選びに活かす顔タイプ診断

顔のタイプにはどのようなものがあるかご存知ですか。

顔のパーツの位置やバランスによって、印象が変わってきます。

これからタヌキ顔とキツネ顔という例を用いて、それぞれの特徴やおすすめのファッションについてご紹介していきますので、コーディネートを考える際の参考にしてみてください。

タヌキ顔とキツネ顔、何が違うの?

顔タイプは「直線タイプ」「曲線タイプ」「子供タイプ」「大人タイプ」に分かれます。

直線タイプは輪郭から骨を感じる細さがあり、目が細く鼻筋も通った顔です。曲線タイプは輪郭に丸みや肉感があり、目も丸い顔になります。

子供タイプは、端的にいうと全体的に顔のパーツが下方にある顔タイプです。逆に大人タイプは、全体的に顔のパーツが上方に集まっているタイプのことを指します。

これらを分かりやすく動物で例えたのが、タヌキ顔とキツネ顔です。

タヌキ顔は曲線と子供タイプが混ざり、キツネ顔は直線と大人タイプが混ざっています。 顔のタイプや雰囲気に合わせたファッションやメイクをすれば、人から持たれる印象も自ずと変わっていきます。

キツネ顔の特徴

キツネ顔の特徴は、全体的に細みで骨感を感じるような骨格です。

顔のバランスは大人タイプで、輪郭は逆三角や面長が多いでしょう。キツネ顔を表す時に重要視されるのが、鼻筋や目の雰囲気です。目元がキリッとしていて細長いとキツネのようなクールで美しいイメージになります。

きつね顔:クールとシャープな印象を併せ持つ

黒目は小さめで、黒い部分よりも白い部分が目立っていると、目はクールでシャープな印象になります。また、鼻筋が通っていて細く、高い人はキツネ顔です。

逆にその他の部分でキツネ顔に当てはまっても、鼻が丸いとキツネの印象は薄れます。

タヌキ顔の特徴

タヌキ顔の特徴は、全体的に丸みを帯びていて肉感のある印象です。輪郭は丸く顎は尖っていません。頬に膨らみがあり、下膨れの場合もあります。

顔のバランスは子供タイプで、童顔な雰囲気の人はタヌキ顔で、可愛らしいイメージになります。全体的にパーツが下方に下がっています。目は丸く、黒目が目立っているのも特徴です。

たぬき顔:全体的にナチュラルな雰囲気

また、目尻が下向きでタレ目になっているとタヌキ顔になります。口は大きめで、口角が上がっているのも特徴です。眉毛は太めのアーチ型をしていて、ナチュラルな雰囲気を出しています。

タイプ別・コーディネートのコツ

クールなキツネ顔の女性におすすめのコーディネートのコツ

出典:#CBK

キツネ顔におすすめしたいファッションは、クールでシンプルな雰囲気のコーディネートです。また、エレガントなテイストも似合います。

襟元や全体的なデザインは、直線ラインが多いファッションがおすすめです。例えば、ブラウスやパンツなども、フリルの付いている服よりは直線的なラインのデザインであったり、ハリ感のある素材のアイテムだと、シャープな印象を活かすことができます。

鞄や靴、アクセサリーなどもシンプルで装飾の少ないものがオススメです。柄は幾何学模様や格子模様、ストライプ柄などがいいでしょう。花柄では小花模様などシンプルなものがキツネ顔の長所を活かすことができます。

可愛らしいタヌキ顔の女性におすすめのコーディネートのコツ

出典:#CBK

タヌキ顔の方にオススメしたいファッションは、キュート系で甘いテイストのものや、カジュアルなテイストのものです。

全体的に丸みを帯びているファッションだと、持ち味である柔らかい雰囲気を活かすことができます。襟は丸首やUネックなど曲線のデザイン、柄はドット柄や花柄、明るい色でフリルなど装飾のあるデザインもおすすめです。

スカートはタイトなシルエットよりもAラインや台形、ふんわりとしているロングスカート。アウターなどの羽織物は、トレンチコートなどのしっかりした素材のものよりニットカーディガンなどのしなやかな素材感も柔らかい印象にまとまります。

もしコンプレックスを抱えているなら…

キツネ顔やタヌキ顔は、クールさや可愛らしさがハッキリしている顔ですので、コンプレックスになっている場合があります。

しかし、それらを前向きに考えるためには、自分の雰囲気に合ったファッションやメイクを知ることです。それらを理解して、自分のお洒落に取り込むといいでしょう。

似合っていれば良い印象を与える手助けとなり、自信を持つことができますね。

スタイリストがあなたに合わせてコーディネート
着こなしアドバイスもお届けするファッションレンタルサービスairCloset