【カメラ初心者さん向け】おすすめのカメラを紹介!【コンデジ・一眼レフ・ミラーレス一眼】

カメラを始めようと思ったとき、まず考えるのが「どのカメラを購入するか」ですよね。

カメラにはいくつか種類があり、特徴や価格帯などがそれぞれ異なるので、自分に合ったものを見つける必要があります。

そこで今回は、カメラ初心者さんに向けておすすめのカメラをご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

YAMAN_脱毛器

カメラには大きく分けて3種類がある

カメラと一口に言っても、さまざまな種類があります。それぞれ特徴が異なり、どのような性能を求めているかによっても適切なカメラが変わります。

具体的には、カメラは大きく分けて3種類。コンパクトデジタルカメラ、一眼レフカメラ、ミラーレス一眼カメラです。

それでは早速、3つの具体的な特徴と魅力をそれぞれ見ていきましょう。

コンパクトデジタルカメラ

コンパクトデジタルカメラとは、その名の通り、コンパクトなサイズ感のデジタルカメラのことです。「コンデジ」と略されることもあります。

コンパクトデジタルカメラのメリット

コンパクトデジタルカメラは、薄型でコンパクトに持ち運べることがメリット。気軽に撮影できるので、どんな人でもチャレンジしやすいところが魅力です。

また、タッチパネル式やWi-Fi機能で撮影データをスマートフォンに送れるなど、さまざまな便利機能を兼ね備えていることもポイント。

他の2つに比べて手の届きやすい価格帯のものが多いので、初心者さんにぴったりだといえるでしょう。

コンパクトデジタルカメラのデメリット

コンパクトデジタルカメラは、レンズ交換ができません。そのため、撮影するシチュエーションに合わせて適したレンズに変えるということが不可能なのです。

また、ほどよく背景をボカした雰囲気のある写真を撮影することは機能的にむずかしいのもデメリットのひとつ。写真を極めたい人には適していないでしょう。

さらに、室内や夜景といった暗い場所での撮影が弱いこともデメリット。日中使い、屋外使いをするのであれば撮影しやすさを感じられるはずです。

こんな人におすすめ

  • 持ち運びやすさを重視したい人
  • 気軽に写真を撮りたい人
  • 手頃な価格のカメラからチャレンジしたい人

一眼レフカメラ

一眼レフカメラとは、高画質でこだわった写真を撮影できるカメラ。プロカメラマンが使っているカメラをイメージするとわかりやすいでしょう。

一眼レフカメラのメリット

一眼レフカメラは、撮影するものに合わせてレンズを付け替えて撮影するのが基本です。レンズの種類が非常に豊富に展開されているため、レンズ選びにもこだわることが可能です。

また、一眼レフカメラは高性能なオートフォーカス(AF)センサーを搭載しているのが特徴。ピント合わせが速くスムーズに行なえるので、動きの速い被写体にも対応できるというメリットがあります。

そして、ボディがマグネシウム合金でできているものが多く、防塵・防滴構造であることもメリットのひとつ。頑丈なつくりなので、海や山などでも安心して使えるでしょう。

一眼レフカメラのデメリット

本格的な撮影が叶う一方で、しっかり作られているので重さと大きさがあることがデメリットといえます。持ち歩きにくいので、コンパクトさを求める人にはあまり適していないでしょう。

また、基本的な形や色合いはどのメーカーの一眼レフカメラも同じなので、デザイン性やカラーバリエーションの豊かさはありません。

一眼レフカメラはプロも使うアイテムのため、撮られる人が身構えてしまいがちというデメリットもあります。

こんな人におすすめ

  • 本格的なカメラに挑戦したい
  • ピントを調節してこだわりの写真を撮りたい
  • プロが使うようなカメラを使いたい

ミラーレス一眼カメラ

ミラーレス一眼カメラは、一眼レフカメラとコンパクトデジタルカメラのいいとこ取りをしたようなアイテム。レンズを交換して撮影ができる一眼レフのよさと、持ち運びがしやすいコンパクトデジタルカメラのよさを兼ね備えているところが魅力です。

ミラーレス一眼カメラのメリット

ミラーレス一眼カメラは、デザインやカラーバリエーションが豊富に展開されているところがメリット。デザインにこだわりたい人も満足できるでしょう。

また、一眼レフカメラと同等の画質を叶えてくれるものもあるので、機能性も劣りません。

コンパクトデジタルカメラのように持ち運びしやすいうえ、フィルターやモード切り替えなどの豊富な機能が備わっているので、使い心地もいいところが魅力といえます。

ミラーレス一眼レフカメラのデメリット

一眼レフカメラとコンパクトデジタルカメラのいいとこ取りをしているミラーレス一眼レフカメラですが、もちろんデメリットも存在します。

ライブビュー撮影の際には手ブレが起きやすく、シャッターを押してからタイムラグができてしまいます。撮影クオリティを極めたいのであれば、やはり一眼レフカメラを選んだ方が満足できそうです。

レンズを交換して撮影ができるものの、一眼レフカメラと比べてレンズの種類が少ないことも事実です。よりレンズにこだわりたい場合は、一眼レフカメラを選んだ方がいいでしょう。

こんな人におすすめ

  • カメラのデザインにもこだわりたい人
  • 持ち運びしやすさと機能性のどちらも妥協したくない人
  • 一眼レフカメラよりもコンパクトなカメラを探している人

おすすめのカメラ紹介【コンパクトデジタルカメラ編】

続いては、3つの種類から具体的におすすめのカメラをピックアップしてご紹介します。

まずは、持ち運びやすさが魅力のコンパクトデジタルカメラから3つをピックアップ。それぞれに強みがあるので、お気に入りのカメラをぜひ見つけてくださいね。

OLYMPUS Tough TG-6

出典:公式サイト

OLYMPUS(オリンパス)のTough TG-6は、アウトドアなどのシチュエーションにぴったりのコンパクトデジタルカメラ。

山や海、岩場や雪の中など、どんな過酷な状況でも高画質な撮影を実現するタフシリーズのひとつで、最高峰のモデルです。

防水15m、防塵、耐衝撃2.1m、耐荷重100kgf、耐低温-10℃、耐結露といったタフな性能を兼ね備えているので、ハードな環境下でも安心して撮影できるところがポイント。

4種類のマクロ撮影モードと2種類のマクロ撮影用アクセサリーからなるバリアブルマクロシステムや水中撮影モード、全周⿂眼撮影が可能な新型のフィッシュアイコンバーターなど、幅広い機能が搭載されており、さまざまなシチュエーションでの撮影に対応できます。

水中で使うカメラを探しているなら、OLYMPUS(オリンパス)のTough TG-6がぴったりです。

RICOH GR III

出典:公式サイト

RICOH(リコー)のGR IIIは、高画質にこだわったコンパクトデジタルカメラです。

高い光学性能の新GRレンズを搭載しており、コンパクトデジタルカメラとは思えないくらいの鮮明な美しさを実現しています。

また、同時に高精度の手ぶれ補正機能も搭載。さまざまなシーンで新設計GRレンズの光学性能を発揮できることでしょう。

高速なAFを実現する像面位相差AFと、ピント精度に優れたコントラストAFを兼ね備えた「高速ハイブリッドAF」で、オートフォーカスの高速化も叶えているところが魅力。

コンパクトで持ち運びやすいので、いつでもどこでも気軽に撮影ができます。シックでスタイリッシュなデザインもポイントです。

サイバーショット DSC-RX100M3

サイバーショットのDSC-RX100M3は、ダイナミックな構図も叶うコンパクトデジタルカメラ。

24mmの明るい大口径レンズと高精細有機ELファインダーを搭載しており、コンパクトなボディながら、ワイドな画角での撮影が実現できるアイテムです。

また、高解像度と高感度を両立した、大型1.0型の裏面照射型Exmor R(エクスモアアール) CMOSセンサーに加え、圧倒的な高速処理能力を誇る新世代画像処理エンジンBIONZ X(ビオンズエックス)を搭載していることも特徴。細部までしっかりと高画質で撮影できます。

コンパクトデジタルカメラながら、本格的な撮影ができるところもポイント。マニュアル撮影も楽しめる充実の撮影モードが搭載されているので、こだわった映像表現もお手の物です。

おすすめのカメラ紹介【一眼レフカメラ編】

続いては、一眼レフカメラからおすすめのアイテムを3つピックアップしてご紹介します。

D5600 ダブルズームキット

出典:公式サイト

Nikon(ニコン)のD5600 ダブルズームキットは、小型で軽いD5600というモデルのカメラにレンズがセットになったアイテム。

高速性・静粛性に優れたコンパクトな高性能レンズ「AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR」と「AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR」がついているのが特徴です。

D5600は、ホールド感抜群のグリップがあるデザインなので、手の小さな人でも持ちやすい仕様になっています。一眼レフカメラの中では小型かつ薄型なので、女性でも使いやすいといえるでしょう。

また、スマートフォンのような感覚で使えるタッチパネル式で、フォーカス移動やピント合わせも指1本でタッチするだけで可能。シンプルな使い心地なので、初心者の方でも安心して使用できるでしょう。

自由に角度を変えられるバリアングル画像モニターで、どこからでも撮影しやすいところもポイント。アングルを変えて撮影を楽しめます。

色再現度に優れ、さらに暗闇でもブレを少なく撮影できるため、クオリティの高い写真や映像が撮影できること間違いなし。

撮った写真をカメラ内で加工し、スマートフォンやタブレットに送信できるので、データの編集や移動もスムーズです。

EOS 90D ボディ

出典:公式サイト

キヤノンのEOS 90D ボディは、高画質にこだわった一眼レフカメラです。

デュアルピクセルCMOS AFを搭載した、約3250万画素APS-CサイズCMOSセンサーを採用しており、高画素化と高速読み出し性能を叶えているところが特徴。

高画素センサーが、羽ばたく鳥や躍動感のあるアスリート、走り抜ける電車といった動く被写体をしっかりとキャッチ。息をのむ美しさを体感できるでしょう。

また、高輝度側の階調表現が拡張したため、白飛びを抑え、より美しい写真を撮影することが可能になっています。

小さなファイルサイズでデータの記録ができる仕様のため、高画質を保ちながら画像処理のスピード感も同時に実現しているところがポイントです。

D780 ボディ

Nikon(ニコン)のD780 ボディは、高度な仕様と最新の高機能を搭載した一眼レフカメラです。

オートエリアAFの被写体検出性能がさらに高まった仕様になっており、リアルタイムに被写体を追い続けられる視野率は約100%低輝度下でも、コントラストの低い被写体が素早く動くシチュエーションでも、正確にピントを合わせることが可能です。

また、装着レンズの機種ごとに厳密なピント合わせを行うため取得したAF微調節値を、自動で登録できる機能も搭載。ファインダー撮影時、ライブビュー撮影時、静止画・動画撮影時とそれぞれ分けて登録できるので、レンズを付け替えたときに毎回設定する必要がなく便利です。

さらに、シャッタースピードは1/8000秒から最長900秒までと、幅広い露光時間を設定することが可能です。風景や天体などの長時間露光撮影にも対応しているので、シーンによって使い分けができます。

約7コマ/秒の高速連続撮影機能も搭載。シャッターチャンスを逃さず、最もいい1枚をしっかり撮影できるでしょう。

おすすめのカメラ紹介【ミラーレス一眼カメラ編】

最後は、ミラーレス一眼カメラの中から3つピックアップしてご紹介します。デザイン性も機能面も欲張りたい方は、ぜひミラーレス一眼カメラから検討してみるといいでしょう。

Niko(ニコン)Z 5

出典:公式サイト

Niko(ニコン)のZ 5は、2020年8月に発売されたミラーレス一眼レフカメラ。

Z 5本体とレンズのNIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3の組み合わせなら、なんと重さは約870g。超小型で持ち運びやすさが抜群なのに高画質を実現している優れものです。高解像と高感度性能のバランスに優れるニコンFXフォーマットCMOSセンサーを採用しており、有効画素数は2432万画素。臨場感あふれる高画質が楽しめます。

電子ビューファインダーは、約369万ドットの高精細有機ELパネルを採用。長時間の撮影でも目が疲れにくいことが魅力です。

また、20種類の「Creative Picture Control(クリエイティブピクチャーコントロール)」機能も搭載しており、撮影シーンによって仕上がりをお好みで変えられるところもポイント。

さらに、目的に応じて3種類のオートホワイトバランスから選べるので、光の具合によって絶妙な仕上がりを実現できます。

Nikon(ニコン)Z 50

出典:公式サイト

同じくNikon(ニコン)のZ 50は、スマートに持ち歩ける小型のミラーレス一眼レフカメラです。いつでもどこへでも持ち運びやすく、ふとした瞬間のシャッターチャンスを逃しません。

動物AFを搭載しているところが特徴のひとつ。顔認識AFと瞳AF機能が犬と猫にも対応しているので、簡単にペットの顔や瞳にピントが合った写真を撮影できます。

また、ターゲット追尾AF機能も搭載。一眼レフカメラの「3D-トラッキング」のような操作性で動かせるため、動き回る被写体を撮影するときに特に便利です。

こちらも、20種類の「Creative Picture Control(クリエイティブピクチャーコントロール)」機能を備えており、お好みで仕上がりを調整できます。 内臓Wi-Fiでスマートフォンやタブレットに接続できるので、高速で転送したりリモートで操作したりということが可能になっています。

EOS R5 ボディ

キヤノンのEOS R5 ボディは、自社開発・自社生産の35mmフルサイズ約4500万画素CMOSセンサーを搭載したミラーレス一眼レフカメラです。

被写体の細かい部分まで鮮やかに写せる高画素と、静止画の際のISO感度が最高51200という高感度撮影を実現していることが特徴です。

また、ポートレートリライティングや背景明瞭度にも対応しているので、人物撮影での手動補正や背景のみの明瞭度変更を叶えられます。

さらに、電子シャッターを使用したときには、最高約20コマ/秒の高速連続撮影も実現。速く動く被写体を撮影するときに活躍してくれる機能です。

カメラを購入前に試したいなら、エアクロモールでレンタル!

コンパクトデジタルカメラ・一眼レフカメラ・ミラーレス一眼レフカメラそれぞれに違った魅力と特徴があり、自分の撮影スタイルやこだわりたい部分によって適切なモデルが異なることがわかりましたよね。

とはいえ、カメラは、特にミラーレス一眼レフカメラや一眼レフカメラは高額なアイテムが多く、購入へのハードルが高いと感じてしまう人が多いことでしょう。

また、カメラは実際に使うことで自分にフィットしているかがわかります。撮影してみてはじめて、これから長く使い続けられるかがわかるのです。情報だけでは判断しきれませんよね。

そんなときにおすすめなのが、airCloset Mall(エアクロモール)を活用すること。airCloset Mall(エアクロモール)は、アイテムを1ヵ月レンタルしてみてから購入を決められるので、カメラの購入前に試してみてはいかがでしょうか。

airCloset Mall(エアクロモール)では、今回ご紹介した中からNiko(ニコン)Z 5とNikon(ニコン)Z 50を取り扱っています。

どちらもミラーレス一眼レフカメラで高価なアイテムなので、まずは1ヵ月、使い心地を確かめるためにも使ってみることをおすすめします。

カメラの購入を検討している方は、ぜひ一度airCloset Mall(エアクロモール)をチェックしてみてくださいね。

Nikon(ニコン)Z 5はこちら(リンク)

Nikon(ニコン)Z 50はこちら(リンク)