【スタイリスト通信】花粉症の方必見!簡単なお洋服の花粉対策

洋服にできる花粉対策

スタイリストがお届けする、おしゃれテクニック。
今回はスタイリストのMeriがお届けします。

そろそろ嫌~な花粉の季節ですが、洋服選びでも対策ができるんです!今回は、衣類の花粉対策をご紹介します。

専属スタイリストがあなたのためにパーソナルスタイルスタイリング

生地を選ぶ

繊維が縮れたウールに比べると、うねりの少ない綿や化学繊維は花粉が付きにくいと言われていますが、それはあくまで繊維の話。
どんな繊維でも、ざっくりニットやフリース、コーデュロイなどの毛羽や凹凸の強い生地は、花粉が付きやすく、取れにくい傾向があります。
アウターはダウンジャケットやトレンチコートなど、目が詰まったつるんとした生地を選ぶのが◎
レザーやナイロン生地も、花粉が付きにくく払うだけで簡単に落とせますよ。

静電気の発生を抑える

静電気は、花粉やウイルスなどを吸着します。静電気を抑えるためには、重ね着をするときには帯電しにくい綿や絹のアイテムを服を間に着るのがおすすめです。
洗濯時に柔軟剤を使うと、繊維同士の滑りが良くなり摩擦が起きづらく、油膜で一定の水分も保持されるため、静電気の発生を抑えてくれますよ!

 

そして、仕上げには静電気防止の衣類用スプレーを摩擦が起きやすい「コートの手首や裾周り」「かばんがこすれる部分」や、動きの多い「脇から腰」「脚周り」などは念入りにスプレーしましょう。
目的や好みに合わせて、使用部位や素材の制限などを守ってお使い下さいね。

 


 

今回のスタイリスト通信はいかがでしたか?

もう冬も終盤!春に向けて新しいファッションに挑戦してみましょう!