おしゃれに着こなす!ジャケット肩掛けコーデ20選

羽織るだけでコーディネートがおしゃれに格上げされるジャケット。

ただし、ジャケットと一口に言っても、ノーカラージャケットからライダースジャケットまでさまざまです。オフィス向けのかっちりめのコーディネートに合うものから、休日向けのラフなコーディネートに使えるものまで、幅広く種類が揃っています。

朝晩と昼間の気温差が激しい時期には、半袖やノースリーブのトップスにジャケットを肩掛けするのもGOOD。気温差に対応するだけではなく、おしゃれに着こなすコツとして取り入れられています。

そこで今回は、ジャケットの種類別に肩掛けコーディネートをご紹介します。参考にしてみてくださいね。

骨格xカラーで似合う服がわかる!パーソナルスタイル診断を無料で受けよう!

テーラードジャケット

出典:#CBK
出典:#CBK
出典:#CBK
出典:#CBK

かっちりめのコーディネートに合うテーラードジャケット。ジャケットそのものが持つ雰囲気とマッチするパンツやカーディガンと合わせるもよし、あえてカジュアルなアイテムと合わせるもよし。幅広いコーディネートにチャレンジできるでしょう。

子どもっぽく見えてしまいがちなロゴTも、テーラードジャケットを肩掛けするだけであっという間におしゃれに決まります。カジュアルスタイルの外しアイテムとしても活躍してくれます。

ノーカラージャケット

出典:#CBK
出典:#CBK
出典:#CBK

襟のないノーカラージャケットは、きちんと感の中に抜けを入れてくれるアイテム。ボーダートップス&スニーカーと合わせるとほどよくカジュアルに、Vネックトップス&カラーパンツと合わせると個性を入れつつ綺麗めな雰囲気へと整います。

アイテムのカラーを揃えると、統一感あるコーディネートに仕上がるのでおすすめ。

デニムジャケット

出典:#CBK
出典:#CBK
出典:#CBK
出典:#CBK

デニムジャケットは、爽やかな夏コーディネートからニット&スキニーのシンプルコーディネートまで幅広く取り入れやすいことが魅力。シンプルなデザインのものを1枚持っておくと、特に春夏に活躍してくれるはずですよ。

同じワンピースでも、ブラックと鮮やかなグリーンとでは、全体の雰囲気が変わりますよね。ブラックは大人っぽく、グリーンは明るく華やかな印象を作ってくれます。

ミリタリージャケット

出典:#CBK
出典:#CBK
出典:#CBK

カジュアル感の強いミリタリージャケットは、思いっきりカジュアルでまとめるもよし、足元にショートブーツのようなレディなアイテムやローファーなどのマニッシュなアイテムを持ってきて大人カジュアルにまとめるもよし。肩掛けで羽織ることでこなれ感を出せるでしょう。

ライダースジャケット

出典:#CBK
出典:#CBK
出典:#CBK

辛口スタイルに欠かせないアイテムともいえるライダースジャケット1枚羽織るだけで、コーディネートにかっこよさをプラスしてくれるアイテムです

ライダースジャケットを肩掛けするなら、甘辛ミックスなコーディネートがおすすめ。トップスはブラックでシンプルにまとめ、スカートで甘さを取り入れてはいかがでしょうか。ギンガムチェックやドットなどの柄で入れても、ピンクやグリーンなどのカラーで入れても大人かわいく仕上がります。

ブルゾンジャケット(MA-1)

出典:#CBK
出典:#CBK
出典:#CBK

クールでおしゃれ度をグンとアップしてくれるMA-1。こちらもコーディネート全体にメンズライクな雰囲気を加えてくれるアイテムです。

プリーツスカートやワンピースなどの甘めアイテムとも相性抜群。甘すぎるスタイルが苦手な人は、MA-1を肩掛けするといいでしょう。

まとめ

ジャケットと言ってもさまざまな種類がありますよね。それぞれに特徴があり、得意なスタイルも異なります。

とはいえ、どのジャケットも普段のスタイルにサッと肩掛けするだけで、おしゃれなコーディネートに格上げしてくれるところが魅力。簡単に上級者見せしてくれるアイテムなので、今回紹介した中からいくつかをワードローブに持っておくと、幅が広がるでしょう。

紹介したコーディネートを参考に、ジャケット肩掛けスタイルを楽しんでみてくださいね。