ちょっと太ったかも……!着痩せのコツとおすすめアイテム紹介

「この間までゆるゆるだったデニムがなんだかキツい。もしかして私、太ったかも……」と、体重計を遠ざけた経験のある方は多いのではないでしょうか。

しかし、同じ体型でも選ぶコーディネートを変えるだけで、太ったことに気づかれないくらい着痩せが叶います。できることならスラりと細く見せたいですよね。

そこで今回は、着痩せのコツとおすすめアイテムをご紹介。テクニックを習得して着痩せを実現してくださいね!

専属スタイリストがあなたのためにパーソナルスタイルスタイリング

着痩せのポイント

出典:#CBK

まずは、着痩せをしたいと思ったときに押さえておくべきポイントについてお伝えします。

着痩せができる人とは、自分の見せるべきところをより美しく見せられている人のこと。見せるべきポイントを理解してファッションに反映させることが重要です。

着痩せするうえでは、選ぶ色も大切。体をより大きく見せる膨張色と、より小さく見せる収縮色を押さえて活かすことで、着痩せを叶えられるでしょう。

とはいえ、体型の悩みは人それぞれなので、着痩せして見せたい部分も違いますよね。

ここからは、上半身にボリュームのある方と下半身にボリュームがある方に分け、着痩せのポイントをご紹介します。

上半身の着痩せのポイント

上半身にボリューム感がある方が着痩せをするときのポイントは4つ。

  1. 首回りが大きめに開いた服を選ぶ
  2. 袖や首元にアクセントのある服を選ぶ
  3. 細めのボトムスを合わせてメリハリをつける
  4. 手首を出す
出典:#CBK

上半身のボリュームが気になる方は、自分のコンプレックスを隠そうとハイネックのトップスを選びがち。しかし、逆にボリューム感を強調する結果となり、余計に太って見えてしまいます。

そこでおすすめなのが、首回りが開いた洋服を選ぶこと。胸元がスッキリ見えるので、上半身のボリューム感を抑えられるでしょう。

また、袖や首元にアクセントのあるトップスを活用し、視線を分散させることもおすすめです。

出典:#CBK

ヒップまで隠れるくらいのチュニック丈で上半身をカバーするなら、ボトムスは細めをチョイス。メリハリをつけることで下半身が細く見えるので着痩せが叶います。

また、3首と呼ばれる「首元・手首・足首」を見せるように意識することで、着痩せ効果が期待できます。トップスを選ぶときは、首元と手首が出るようなアイテムをチョイスしましょう。

下半身の着痩せのポイント

下半身にボリューム感がある方が着痩せをするときのポイントは4つ。

  1. タイトなシルエットは避ける
  2. Aラインやワイドシルエットを選ぶ
  3. 縦のラインを意識する
  4. 足首を出す
出典:#CBK

下半身のボリューム感が気になる方は、脚の太さを強調してしまうタイトシルエットのボトムスは避けた方が賢明です。

おすすめなのがAラインやワイドなシルエット。腰回りから足元までをカバーしてくれるアイテムを選びましょう!

出典:#CBK

また、縦のラインを意識できるとなおよし。さらに足首を出すことで細さを強調できるのでおすすめです。

 

着痩せのメカニズムや方法を詳しく知りたい方は、こちらの記事もチェックしてくださいね。

服だけでこんなに違う!着痩せのメカニズムと方法

【トップス編】着痩せおすすめアイテム

着痩せして見せるためには、アイテム選びが大切。まずはトップスから、ほっそり見せるためのおすすめアイテムをご紹介します。

袖コンシャスなトップス

出典:#CBK

袖にボリュームがある袖コンシャスなトップスは、ぴったりしているトップスを着たときよりも腕をふんわりと隠してくれます。

気になる二の腕をカバーしてくれると同時に、袖のデザインに目線がいくので、ボトムスとうまくバランスをとることで、上半身のボリューム感を上手に緩和してくれるアイテムです。

肩掛けカーディガン

出典:#CBK

肩掛けカーディガンも着痩せして見せられるテクニックのひとつです。

サッと羽織るだけで肩周りや二の腕をカバーできる万能アイテム。温度調節にも役立つので活用することをおすすめします。

首回りにビジューがついたトップスで目線を首元に

出典:#CBK

袖コンシャツなトップスと同じように、首回りにビジューのついたトップスもおすすめです。ビジューのついた首元に相手の視線を集められるので、気になる上半身のボリュームを和らげてくれるでしょう。

【ボトムス編】着痩せおすすめアイテム

最後に、着痩せに役立ってくれるボトムスをピックアップしてご紹介します。

アンクル丈ボトムスで足首を出して

出典:#CBK

首元・手首・足首の「3首」を意識的に出すことで、細い部分が見えるようになるので着痩せ効果があるといわれています。

その法則を活用し、ボトムスを選ぶ際は足首の出る「アンクル丈」を選ぶことをおすすめします。

ワイドパンツ

出典:#CBK

気になる下半身のシルエットを拾いすぎないワイドパンツもおすすめのアイテム。ウエストマークをしたり、細身のトップスと合わせてメリハリをつけるといいでしょう。

まとめ

着痩せはテクニック。ポイントを理解し取り入れることで、誰でも気になる部分をカバーできます。

自分の体型の特徴を把握し、より魅力的に見えるようにコーディネートを組みましょう。その際はぜひ、今回ご紹介したアドバイスを参考にしてみてくださいね。