【スタイリスト通信】スタイリストが解説!お洋服の汚れチェックとメンテナンス方法

定常バナー:月額9800円からプロが選んだ洋服を借り放題

おうち時間を活用して、お洋服をケアしよう!

スタイリストがお届けする、おしゃれテクニック。今回はスタイリストのmeriがお届けします。

お気に入りのお洋服に、気づいたらシミがついていた…!なんて経験ありませんか?
今回は、以前に掲載したスタイリスト通信「知っておきたい、お洋服のケア方法!」をバージョンアップして、様々なお洋服の汚れのケア方法をご紹介します。


『 水溶性の汚れ 』(コーヒーや紅茶、醤油、皮脂、血液など)

1. 乾いたタオルの上に、汚れた面が接するように置く。
2. 汚れ部分に水分(水や炭酸水)を含ませ、歯ブラシで上からトントン叩く。
3. 落ちにくい時は、歯ブラシに中性洗剤や重曹を付けて叩く。
4. タオルに汚れが移ったらぬるま湯ですすぎ、あとは通常の洗濯でOK!


 『 油溶性の汚れ 』(ケチャップ、チョコレート、口紅などの化粧品)

1. 乾いたタオルの上に、汚れた面が接するように置く。
2. クレンジングオイルを付けた歯ブラシで、上からトントン叩く。
3. タオルに汚れが移ったら、40℃以上の湯で軽くもみ洗いする。
4. 漂白剤を付けて洗濯をする。

 


『 複合性、色素系の汚れ 』(カレー、ワイン、ターメリックなどの香辛料)

1. 乾いたタオルの上に、汚れた面が接するように置く。
2. 汚れ部分にを含ませ、弱アルカリ性洗剤を付けた歯ブラシでトントン叩く。
3. タオルに汚れが移ったら40℃以上の湯ですすぎ、通常通り洗濯する。


『 不溶性の汚れ 』(ボールペンや墨汁、泥汚れなど)

1. 汚れ部分を濡らして、固形石鹸をこすりつける。(布は擦らない)
2. 汚れが広がったら直ぐ流水で洗い流す。1~2を落ちるまで繰り返す。
3. 落ちない際は、歯磨き粉を付けた歯ブラシで上からトントン叩く。
4. 汚れが落ちたら通常通りに洗濯する。


※ 汚れを落とす際の注意 ※

・汚れが伸びたり生地を傷める原因になるので、生地は極力擦らないで下さい。
・「塩素系」の漂白剤は強力なので、色柄物には「酸素系」漂白剤を使用しましょう。
・落ちない汚れは無理に落とさず、クリーニングに出しましょう。


今回のスタイリスト通信はいかがでしたか?ぜひ、今回ご紹介したお手入れ方法を実践してみてくださいね!

とはいえ、今は季節の変わり目でなんだかクローゼットにお洋服がない…なんてことありますよね。

「何を着たらいいか分からない」
「自分に似合う服が分からない」

「20代の頃の洋服が似合わなくなった」

そんな方におすすめなのが「エアークローゼット」です。
エアークローゼットは、そういったファッションに関しての悩みや疑問にあわせて、
プロのスタイリストがコーディネートをご提案させていただきます。

仕事や、家事で忙しく洋服をなかなか買いにいけない方、
ファッションをもっと楽しみたいという方にオススメです。

↓実際のコーディネートをみてみる

 

今回のスタイリスト通信はいかがでしたか?ぜひ、今回ご紹介したお手入れ方法を実践してみてくださいね!